top > ブログ  > コラム  > 費用対効果
 アーカイブ 

費用対効果

改善効果は目で見てわかるものなんですか?
先だってある方から問い合わせメールを頂いた。

コンサルティングを実施するにあたり、どのようにすれば効果が実感できるか?
言葉や資料では理解できるが、それなりのお金を払ってはたしてそれ以上の
効果を実感できるのか?企業オーナーとしては不安が残るのも無理はない。
明らかに効果がある改善とは・・・

1.10人で行っている作業を5人で行えるようになった。
2.10人で行っている作業で15人分の作業をこなせるようになった。

波及の効果はさておき、費用対効果が一番わかりやすいのはこのどちらかだ。
1.は人員削減。ムダを極限まで省いて業務の効率化を目指す。実際、
5名分の人件費は浮くように見えるが解雇するわけではないので
新たに5名分の仕事を考えなければならない。簡単に営業に廻せば受注が増えるとか
思いつきそうだが、モノではないのでそう簡単にはいかない。余った人員の使い道までは
その辺のコンサルでは教えてくれない。
2.は作業者のモチベーションを上げ作業効率を向上させるやり方で
何故?何故??何故???を追求して行く。弊社がBPM手法を取り入れて
実施しているやり方だ。企業一丸となって取り組めば必ず大きな成果を挙げることができるが
その反面、頓挫してクローズってケースも正直発生する。
どれだけ真剣に社内業務改善を実施する気持ちがあるかで結果が変わる。
人間ムリなことや不可能なんてない。目標に達しなくても ゼロ ではない。
何度も何度も繰り返し実施することで目標に近づいてくる。
日々、問題に気づき考え改善する。こんな社員が増えてこそ外部コンサルを
入れて効果があったと言えるのではないだろうか?

about:コラム  / 2010-11-30 10:36

▲top