top > ブログ  > コラム  > 職務教育
 アーカイブ 

職務教育

昨年12月から調査準備に入り今年から約3ヶ月間、
株式会社UML教育研究所 ※1 が推進している教育カリキュラムの営業支援を行った。
ターゲットは中小規模のシステム開発会社で、受託開発から上流業務コンサルティングに
シフトを検討している企業と、製造・物販などのいわゆるエンドユーザー
カリキュラムはBPMをベースに経営管理手法を習得する各コース
正直、国からの補助金制度を利用できるにせよ、市場経済が先細っている中
どれ程の企業が人材教育に目を向けているか不明だった。

対応して頂いた訪問先担当者の率直な意見として、

・率直に言ってTQMやTQCあるいはBPRやBPMの考え方と手法は微妙に
 異なるがOUTPUTは差ほど変わらないと思う(現場のやり方次第で手法はどれでもいい)
 昔からTQCや既に実施されたBPRを定着させているので継続的に改善活動は行っている。
 BPMを取り入れる画期的なメリットが見当たらない。

・資料内の解説にある社内BPM推進センター設立について
 現実的にBPM推進センター部門の設立など企業内にあらたに部署を設立することが
 今の時期を考えると実際には皆無に等しいのでは?
  (実際には管理部門が兼任するケースになると思う=現場主導でないので廃れる)

・トレーナーコース受講を勧められ検討したが、今後業務コンサルにどのように
 結びつけられるのか、また資格取得後のサポートに不安が残る。
  (資格を取得したからといって次の日からコンサル業務をこなせない)

・教育を受講するのはよいが資格を取得したからといってすぐにそのスキルを活かせる
 場面が見当たらない。時期が時期だけに正直、目で見える成果が現れなければ費用を
 捻出するのは難しい。各コースを受講若しくは資格を取得すれば実際のプロジュエクトで
 OJTを行なって頂けれるなどフォローを是非検討して頂きたい。  

など、ごもっともな意見が大半だったが本気で生き残りを考えているなら
今一度どこに目を向けるべきなのか向き直ってみるのもありだと思う。
弊社が行っているBPR業務コンサルティングも年間を通じて支援できるのは
せいぜい数社。それが自社内で経費節減や内部統制の強化が行えるとなると
そのメリットは計り知れない。
先の見えない国策や海外勢に完敗の国内企業。このまま埋もれて沈んで行くのを
誰もしないからといって何も行動を起こさない???
今年度、トラストネットワークは新たなビジネスプランをひっさげて動き出します。

T.H

about:コラム  / 2010-04-02 12:35

▲top