top > ベネッセ情報流失本当の課題

ベネッセ情報流失本当の課題

10547459_772016322821245_6308387569760918438_n
最近FB(https://www.facebook.com/trustnetwork?ref_type=bookmark)ばかりなので、
たまにはupしないとね;

ベネッセ情報流失がTVなどで取り沙汰されている。この番組司会者やコメンテーターは挙って
ベネッセの危機管理を批判しているが、派遣元の企業に関しては何も追求していない。
多くの派遣会社の実態は、フリーの技術者を募集し、技術者にマッチした案件に「派遣」し、
その利鞘で収益を上げている。例えばベネッセが保守運用要員を月額70万円で募集すると、
「ベネッセ70万円」→「派遣会社A65万円」→「派遣会社B60万円」→「就業希望技術者55万円」というような
仕組みになっている。ここで問題なのが、

・ベネッセは70万円の能力を発揮する人材を希望していること
(コンプライアンスを厳守でき社会的責任を全うできるような人材:大げさだが(笑))
・派遣会社A及びBは社会的責任を全うすることが殆ど無い
(単なるブローカー:最近は厳しくなってきているようだが実態は未だ横行している)

このような構造だからこそ、起こるべくして起こった事件。仲介している派遣会社の責任や
役割をこのさい明確にしないと、今後も同じような事件は発生する。
ニュースでベネッセは200億円の緊急予算を計上し、処理に当たるそうだ。
勿論派遣会社に対してそれ相応の賠償請求を行うだろうが、多分既に派遣会社A・Bは
会社をたたんで、別の名前で新会社を設立し同じことを繰り返すんだろうな。。。